加工事例

 

アングルベンダーを使用したステンレスの曲げ加工例(SUS316L PL12×80×274φ内径 交差±1mm)

 

素材確認

入荷した材料の確認を行います。支給材料の場合でも必ず材料の寸法・材質を確認し、加工の工程で問題出ないようにします。

ケガキ

材料に所定の位置にケガキを入れ加工の目安にします。

ハナマゲ

曲げの第一歩と言うことで、通称「ハナマゲ」を行います。加工する機械で最初の部分を曲げていきます。

ロール加工

つかみを切断した後に、ロール加工を行い所定の寸法に近づけていきます。

ゲージ合わせ

ロール加工により、所定の寸法通りに加工されているかゲージとメジャーで確認をします。

完成

寸法通りに仕上がっていれば、製品として完成です。交差±1mm以内に仕上げます。この後、お客様の元で後加工が行われます。

 

 

弊社での様々な加工例

 

ロール加工
SS PL9×500×450φ内径

item1

フランジ加工
銅 FB8×30×2500φ.180°

item2

フランジ加工
銅 FB5×40×180φ内径 5m巻

item3

ロール曲げ
磨きFB32×65×570φ外径 ロール

item4

アングル外曲げ
SUS304 L4×50×268φ内径

item5

アングル内曲げ
SS L6×75×950R 外径

item6

パイプ曲げ
STB 63φ×8×500R 芯

item7

コイル曲げ
SUS304 20A×2.5×550φ P=45

item8

角パイプフランジ曲げ
□p 1.6×50×30×10,000R

item9

バンド曲げ加工
SS PL6×90×140R

item10

パイプ曲げ加工
SGP 50A×150R芯

item11

レジューザー曲げ加工
SUS304 PL10×150φ/250φ×200

item12

パイプ曲げ加工
15A×S80 芯110Φ

item9

パイプ曲げ加工
316 Φ9.53X2 芯300Φ

item10

フラットバー曲げ加工
FB3X25 82R 95R

item11

板曲げ加工
PL3X38 997R 57R

item12

板曲げ加工
Sus PL3X200 1200Φ

item9

レジューサー曲げ加工
3042B PL3X1332 120/400Φ

item10


リボンスクリュー

item11

板曲げ加工
銅 PL5X527 360Φ

item12

弊社の設備概要 お問合わせ